2012年02月14日

Dan Brown,の,Lost Symbol,に学ぶilluminati建築学 Secrets in Plain Sight Part-6 George Washington Masonic National Memorial

meson.jpg
Welcome to the George Washington Masonic Memorial

さて・・・いよいよ核心に迫ってまいりました(w) ナショナルモール - Wikipedia と  
ジョージワシントンメソニックナショナルメモリアル wiki は相当に特別な存在だということです 
National_mall4.jpg
National Mall - Wikipedia, the free encyclopedia

g.jpg


George Washington Masonic Memorial - C-SPAN ...
http://www.c-spanvideo.org/program/297214-1


Toccata & Fugue in d minor (BACH, J.S.)

http://www.youtube.com/watch?v=_FXoyr_FyFw&feature=related
_Masonic_Memorial.jpgg3.jpg
ジョージワシントン2.jpgg2.jpg

Wikiの情報だけを追ってみても 莫大な金がここに注がれたことがよくわかります バブルどころの話ではないですよ これは・・・(w) 建築物やランドスケープデザインについてはスペースがあれば追記したいのですが・・・まず建築家の方だけをちょっとチェックしてみましたが どうも メーソン(オーナー)の秘匿すべき真意を含めあまりよく理解していなかったふしが感じられます 建築物の高さを計画段階で330フィートから変更しようとしているところを見ますと あまり よいデザイナーとは言えなかった可能性があります まったく判っていない(w) メーソンも必要以上のことは教えなかったのかもしれません それに比較してランドスケープデザインについてはそうは いかなかったのではないでしょうか 後ほどチェックしてみますが これだけの数字上の整合性や設計を行う為には 建築家以上に幾何学・数学としての宗教性・哲学を含めたメイソンの意向を伝達しておく必要があるからです

Freemasons Ritual Video

http://www.youtube.com/watch?v=GtBT5gthmA8&feature=related
Freemasons Hall

http://www.youtube.com/watch?v=olIjEnOHuNE&feature=related
Masonic Ceremony

http://www.youtube.com/watch?v=0xtYTyuNxRo&feature=related

フリーメーソンの皆様にお願いしたいことは メーソンの為のメーソンであっては欲しくないということです この混乱した世界のリーダーとして是非 人類全体の為の存在であって頂きたい それだけです
33RD DEGREE MASON LIST

http://www.youtube.com/watch?v=vTNDMTdWFNQ

555.jpgメランコリア.jpg
ジョージワシントン3.jpgkeiyakunohako2.jpg

Inside The Lost Symbol  http://www.squidoo.com/insidelostsymbol (こちらより写真資料をお借りいたしました) ロストシンボルを読了したあと ナショナル・モール - Wikipedia と  ジョージワシントンメソニックナショナルメモリアル wiki はメーソンにとってただならぬ意味を持つことが理解できましたし ジョージワシントン アイザックニュートン ベンジャミン・フランクリンについては特別視される存在であることも理解できました まずは この注目すべき事項を少し掘り下げて その後 聖書やフリーメーソンの書が合算された聖書に至る道程まで掘り下げることができれば! まあ ある程度納得のいく答えがみつかるのかもしれませんね? そこまで掘り下げるには ちょっとここでは時間もスペースも足りないかもしれません 動画へ戻る前に もう少し 掘り下げてみることにいたします 

フリーメイソン - Wikipedia
33RD DEGREE MASON LIST

http://www.youtube.com/watch?v=vTNDMTdWFNQ

ジョージ・ワシントン - Wikipedia

George Washington - Wikipedia, the free encyclopedia

アイザック・ニュートン - Wikipedia

アイザック・ニュートンのオカルト研究 - Wikipedia

ベンジャミン・フランクリン - Wikipedia


Benjamin Franklin - Wikipedia, the free encyclopedia

Wikiの解説 G和訳の下部分は英文のままですが たとえば G和訳 

落成式が新たに完成した講堂に記念の柱廊玄関から移されました。ワシントンに関連付けられている[97]いくつかの項目が献身中に使用された。これらの中にあった:フレデリックスバーグロッジ第4号に1752年に開始したとき、ワシントンは使用聖書、米国国会議事堂の建物の礎石を敷設する際に使用こてと小槌ワシントン、ワシントン事務所の大統領就任宣誓を取っている聖書およびワシントンの髪のロックが含まれていたポール・リビアによって行われた銀の壷。 [2] [27] ​​[98]特殊なフリーメーソンの儀式が奉納用に書かれています。 [98]落成式には記念の4フィート(1.2メートル)の高モデルを組み込んで、モデル上に金や銀の水差しからワイン、油、トウモロコシ(フリーメーソンのシンボル)から注ぐ。 [2] [98] exactingly詳細なモデルは、ロートン少年院での収容者によって製造された。

このような内容や 建築現場における詳細 建設時のより詳細な情報が記されています ご興味のある方はどうぞ そちらもご覧ください 2007年ナショナルトレジャーのことや ダンブラウンのロストシンボルの記述もあります

Iluminati Illuminati Symbols
イルミナティ や フリーメーソンを理解するには 以前から度々ご紹介しているように組織図を見るのが一番手っ取り早い方法ではありますが・・・所謂 illuminatiの組織図です 何度もいいますように おそらくは変質し続けているのです 特に第二次世界大戦後ナチスの残党がアメリカへ渡り 戦争・ファシズムの嵐が吹き荒れる世界で皇族・教会・富豪・権力者・銀行家・軍人・特殊な貴族血族がフリーメイソンというより開かれた表の顔とは別に 上位であるilluminatiという特殊な権力構造の中で一部のオカルティスト たとえば アレイスター・クロウリーであったり ブラヴァッキー夫人であったり だれっだっけもう一人凄いのがいましたよね?(w) で・・・ああやって判り易いタイプのものから 判りにくいタイプ いろいろありまして・・・遡ってゆけばその時代その時代のアレイスター・クロウリーが居たわけですよ ええと・・・アレイスター・グロウリーの娘がジョージブッシュJのお母さんでしたっけかね?
occult2.jpg
occult1.jpgoccult3.jpg
で・・・こんなのが政治や権力中枢で預言したりしちゃうわけでしょ? お願いですから止めてください の世界でしょ?(w) で聖書だって ヤコブだのヨセフだの いわば昔のまあ・・・占い師といいますか巫女といいますか・・・司祭でもいいのですが占星術師でもいい 要するに そういうものにお伺いを立てなければ政治ができない王様 エジプト時代だってそうでしたでしょ? 生贄を捧げ 贖罪する 焼き魚や焼肉の身になってみれば 勝手に生贄にしないでほしいんですが?って 文句の一つ二つじゃすまないでしょう(w) 最近じゃ ちょっとおしゃれにこんあふうになっちゃったりしてるかも?(w)ocult4.jpg
こんな? 妙に金融マフィアっぽい 世界は俺のものだ的カルトなものまで
Top-Secret Illuminati Video Leaked: Illumicorp Into-Part1

http://www.youtube.com/watch?v=mPahc3_ZmkQ&feature=player_embedded

そのまた先に遡れば 今度は薔薇十字だとか神智学・イエズス会・啓蒙思想・グノーシス・・・とか・・・エジプト 生贄・贖罪・預言構造まで一直線です(w) そんな中で アダム・ヴァイスハオプトは究極の権力システムを研究・実験したのでしょう イルミナティ - Wikipedia 活動期間は1776年〜1785年とされていますが カトリック教義にそぐわないとされ当時のローマ皇帝に異端視され 事実上解体もしくは地下に潜ったとされています 秘密結社ですから まあ・・・あまり詳しいことは知りたくもありませんが・・・ 当然現在でも実在します この動画もよくご紹介しますが この肩をすくめるアトラスは現代の政治の中枢特に経済の中枢にいる人々グリーンスパンをはじめ・・・多大な影響を与えたと言われます
こちらジョン・ゴールト1

http://www.youtube.com/watch?v=Ar_Gvqx6KuU
FRBの成り立ちやアメリカ政治の成り立ちについてはここでは触れませんが
 いろいろ検索していますと 第二次世界大戦の前後で人類は一度完全に地獄を見たのです 
ナチスバチカン.jpg
地獄の支配者が権力を握っていたのです 証拠の写真や動画など ちょっと検索すれば ゴミのように出てきます 最近バイブルを古の知の書物として私に果たして読めるだろうか?・・・と再度 紐解いているのですが・・・これが酷い 全くクリスチャンの皆様には申し訳ありませんが・・・ここは もう少し読み進めてからお話するつもりですが・・・といいますのも聖書の構造そのものとも関連がありまして 他もいろいろとチェックしてからお話ししたいと思います そして誤解しないでいただきたい事は わたしはクリスチャンではありませんが 純粋な意味においてキリストの説く愛が過ちであったとは思いません それについては 別の機会にお話します 以前に

【慈善か偽善か】 フリーメイソンの宣伝・広報番組 01/11  (日本語) なんて動画を集めた特集

http://www.youtube.com/watch?v=p98qkVUI3zI
The Illuminati ザ・イルミナティ 動画特集2 イエズス会 Peter Hans Kolvenbach Black POPE Opus Dei

をリンクしておきますので・・・フリーメイソンの宣伝動画をご覧になりたい方は どうぞ ご存知とは思いますが 肩をすくめるアトラス アイン・ランド の登場人物には ロスチャイルド ロックフェラー とされる人物が登場します 1000ページを超えるこの書物のクライマックスはこの動画を見るだけでも理解できます この書物のミソはこのTVハイジャックの中のジョンゴールドの独白にあります 動画ではその部分だけを抽出してあります ・・・ 善悪を別として 現代の混迷を生きる私たちに 何か大切なことを考えさせる力があります ・・・実は空耳猫は彼の主張が過ちであると考えています その過ちは人類全ての人々で解かねばならない呪縛です アーサー・C・クラークが <核の制御こそが人類の分水嶺となる>と預言したことと 同じくらい根本的に重要な呪縛です

ちょっと気になるブログ記事を見つけましたのでリンクしておきます 
宗教の 負の一面として認識すべき点として・・・無意識下における 人類集合意識 WWW WEBBOT を操り誘導することが可能であり 古今東西歴史を振り返れば自明のことではあるが 政治・権力・宗教の融合は現実世界をカルト化し得るパワーを持ちうる 幼少時の刷り込みにおいて 例えば聖書を絶対として刷り込まれた人間が 何を価値の第一基準とするか・・・はおそらく あなたや私の基準とは凡そかけ離れたものであることは間違いない 特にケムログにあったマラキの2012年12月21日は まさに集合無意識を操る手段としては抜群だ 聖書を少しづつ再読していますが 少し暗澹たる気分です
 
「わたしはヤコブを愛し、エサウを憎んだ」 全てがこの調子・・・ 過越しの夜の場面での 惨殺劇や生物兵器の使用を私は想像しました 三国志では諸葛亮孔明は軍師であって 赤壁の戦いで 東風の吹くことを知っていた知識人でありました 神ではありませんし司祭でもありません 軍師です イナゴの群れや飢饉は世界共通の災難ですし 今ではステッキが蛇になるマジックなど ネタがあることを誰も疑わないでしょう 残虐 兄弟殺し 強奪(分捕り)の何処に神の愛があるというのでしょう? あるとすれば この神はいったい何の神か?ということです

人類全ての人々で解かねばならない呪縛のことです  

ChemBlog-ケムログ
# マラキの教皇に関する予言は2012年に実現するのだろうか?

全ての教皇に関する大司教聖マラキの預言 - Wikipedia

マラキ書

世界の終わり マラキ書が描く終末

Prophecy of the Popes - Wikipedia, the free encyclopedia

ちょいと 面白いブログ記事をみつけた リンクしておきます この方・・何者でしょう?(w) この記事についてはとても興味深いですね・・・少し読ませていただくことにします 

神仙組T【ハルマゲドン編】光と闇の黙示録
イエスが説いたファラオの奥義と千年王国を建設するフリーメーソン

(一部転記)
グラハム・ハンコック激賞の『封印のイエス(クリストファー・ナイト/ロバート・ロマス共著/松田和也訳)学研』によれば、古代エジプトの記録、聖書、死海文書、グノーシス福音書、フリーメーソンの儀式などの比較と分析の結果、古代エジプトの秘儀を受け継ぐクムラン宗団のイエスが説いた奥義は、シオン修道会が結成した聖堂騎士団(テンプル騎士団)によってエルサレム神殿から持ち去られ、近代フリーメーソンが誕生したという

死海文書 −wiki

ユダヤ教 - Wikipedia

ユダヤ教聖書

ヤハウェ

キリスト教 - Wikipedia

( どちらも 右サイドバーに主要な概要はまとめてあります)

十字軍 - Wikipedia

薔薇十字団

フリーメイソン - Wikipedia

イルミナティ - Wikipedia

古代エジプト - Wikipedia

Ra - Wikipedia, the free encyclopedia



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252168425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック