2012年10月28日

竹内文書 皇祖皇太神宮 古史古伝 天皇の歴史ミステリーツアー2  33rappa

36b1f9d2.jpgtennnou.jpgtakeuti.jpgyatakagami.jpg

竹内文書 皇祖皇太神宮 古史古伝 天皇の歴史ミステリーツアー2 
(@ ̄◇ ̄@)。。。oO○ 33rappa


_omijin11.jpg
sanshunojingi.jpg200px-Creation_myths_of_Japan_svg.png
竹内文書 - Wikipedia 

南朝と竹内文書
    
古史古伝−古事記以前の書  
古史古伝 - Wikipedia 
4.竹内文書について






皇祖皇太神宮 古史古伝 1/2   皇祖皇太神宮 古史古伝 2/2



(@ ̄◇ ̄@)。。。oO○
あ・・・・・・スメラ様がまた降りてこられました・・・古代豪族の系譜を遡れよ・・・と おっしゃられました・・・Welcome to 古代豪族 こんあのありましたけど・・・3.「賀茂族」考(1) なんであるかえ???これは? なんであるかえ?民俗学伝承ひろいあげ辞典 



img_1559278_53082250_0.gifpage0014.jpg
葛城氏
- Wikipedia
   不易流行通信  南北朝正閏論 - Wikipedia
対話「私にとっての古事記」|古事記が語る原風景







(@ ̄◇ ̄@)。。。oO○
あ・・・・・・竹内文書の話でした・・・忘れてました
竹内文書 - Wikipedia

平群・巨勢・蘇我・・・高天彦神社のあまりの侘び寂びぶりに 祇園精舎の一節がよぎり・・・葛城一族のルーツを辿りますとこれらの氏がいて 高天彦神社高天彦神社 - Wikipediaにはアマテラス-祭神は葛城氏の祖神高皇産霊[たかみむすび]-ニニギ - Wikipedia のブラッドラインが存在する 天孫降臨 天皇家の血に絶えず絡んでいたわけで・・・当時の豪族たちが所持していた古文書 風土記の類はすべて集められ焚書されたという ここで歴史の真実をたどる手がかりは はるか後の古事記・日本書紀となり(古事記・日本書紀がそういったいきさつからも 藤原不比等の偽書半分というのは説得ある言説かも)・・・となれば・・・日本の歴史の手がかりなど無いに等しいということになってしまう。 互いに敵対し相手のブラッドラインの隠滅工作合戦といったところか?
元々この土地にいたとされる葛城一族 平群・巨勢・蘇我・・・竹内文書の編者が平群 真鳥(へぐり の まとり、生年不詳 - 498年)というわけである。
古代豪族葛城氏は、なぜ滅亡したのですか?また、その末流の子孫は ...

wikiより
雄略天皇の御世に大臣となり、
平群氏の全盛期を迎えさせる。

仁賢天皇の没後、自ら大王になろうとしたが、これに不満を抱いた大伴金村は小泊瀬稚鷦鷯尊(後の武烈天皇)の命令を受け平群真鳥を討ち、真鳥は自害し平群本宗家の一部は滅んだ(生存説もある)。

また、小泊瀬稚鷦鷯尊に命ぜられ、竹内文書を作ったといわれる。

・・・さて・・・20000年もの壮大なスケールの偽書であるか これ本物!ということになるか・・・ちょっと興味がわくわくなのである高天原 - Wikipedia     近くにそびえる金剛山は古くは高天原山といわれていたとある。

高天彦神社 Takamahiko Jinja (平成23年5月31日)  A035【奈良】山の辺の道-10<玄賓庵〜桧原神社>

日本の苗字7000傑 Q&A 平姓発祥の謎
ヤマト王権の中核を為す蘇我、巨勢(巨瀬・許勢)、紀、葛城氏、波多、阿部などの有力な豪族がこの姓を称した

大摩邇(おおまに) 達人さんのサイトより
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/362.html
本物本当の歴史宰杜大日本国ユ−37312731千田寛仁のブログ"Hirohito Tida Blog"

私は初めて君の動画を見たとき 新手の新興宗教カルトかと思ったよ(w) でもおおむね悪くない
天照大神降臨の真名井神社 パワースポット巡礼 京都 晴明神社 

(@ ̄◇ ̄@)。。。oO○あ・・・・・・桃太郎って・・・・・スメラミコトのこと??・・・・今ふっ・・・とスメラ様 降臨されました(わはは) お供にはサル・トリ・イヌ・・・サルはサルタヒコ・・・ トリは(鴨?八咫烏?)・・・イヌ・・・いぬ?いぬはなんだ??? どれどれ 桃太郎 - Wikipedia いやいや 諸説あるようですな・・・ しかし とうりゃんせにしても カゴメカゴメにしても ある意味不気味ですな 竹取物語というのは何処から来たのだろう・・・ まさか・・・これ? 竹内文書?(そんなバカな) 中国から来たんじゃないの? どれどれ・・・竹取物語 - Wikipedia

古史古伝 - Wikipedia   

  • 天名地鎮 - 太占と関係があるという。
  • 阿比留文字 - 対馬に伝わる。甲骨文字の一種とされる。 
  • 阿比留草文字 - お札等によく使われる、比較的メジャーな神代文字。
  • 阿波文字 - 阿波国名東郡の神社で発見された。
  • 出雲文字 - 出雲国の書島(ふみしま)で見つかったとされる。
  • カタカムナ文字 - カタカムナ文明で使われていたとされる。
  • 豊国文字 - 上記(うえつふみ)で有名。サンカとの繋がりもあるといわれる。
  • 琉球古字 - 琉球で占いに使われたという文字。
  • 北海道異体文字 - 北海道の遺跡から発見された。
  • 筑紫文字 - 筑後国の重定古墳で見つかった。
  • 対馬文字 - 対馬に伝わり、現在も神事に使われる。
他の神代文字と異なるという主張もある文字
  • ヲシテ(ホツマツタエに使われた文字)
神代文字ではないとされることが多い文字


スメラミコトの真意とは | 日本とユダヤのハーモニー


パワースポット-眞名井神社-HDパワースポット-元伊勢 籠神社-HD

(1/2) 伊勢の遷宮 ―第61回神宮式年遷宮―(2/2) 伊勢の遷宮 ―第61回神宮式年遷宮―

伊勢内宮禰宜 伏見正氏「伊勢神宮式年遷宮」と質疑応答 吉備歴文会  タケシ伊勢神宮 特別参拝


神宮式年遷宮 - Wikipedia
伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト

本日もお天気よろしく〜 ここのところお休みの日はパワースポット巡りで霊力がパワーアップした33rappaです わはは 霊能者にでもなろうかな? へへ 大神神社 桧原神社 箸墓古墳に飛鳥 橿原考古学研究所付属博物館  飛鳥資料館 下賀茂神社に八坂神社 そして伏見稲荷八幡宮に 本日は奈良 葛城へと参りました 高鴨神社に高天彦神社・・・で 露天温泉につかって帰ってまいりました これだけ神社参りして御利益のない筈はない!と・・・今か今かと待ち構えておりますが・・・兆候はまったくありません わはは   まあいいや
出雲弁で語る出雲大社は偉大 熊野本宮大社

いえね・・・高天彦神社のあまりの侘び寂びぶりに 祇園精舎の一節がよぎりまして 高鴨神社のそばに資料館がありまして館長さんのお話を聞いておりましたら レベルが高すぎて ツツイテユケナイ・・・愕然・・・ で今復習というわけでございます  その時館長さんは聞きづてならぬことを申されまして なんと2万年前の あの竹内文書や古伝古史の話でございます  冷静に考えてみればですよ・・・我々学校で教科書で学んだ日本史では・・・何故か私の頭の中では 縄文時代弥生時代の殆ど石器原始人から いきなり小野妹子や中臣鎌足中大兄皇子あたりまですっ飛んでおるわけです なんでここ空白なんだ? 

で・・・ 天皇の歴史を遡ること神武天皇どころかアマテラス イザナギイザナミ スサノオ・・・アメノミナカヌシ タカミムスヒ・・・ トウトウ天神7代スメラミコトまできてしまいました・・・・スメラミコトで検索しますと牛頭天皇 へ? 牛 頭 天皇?  おお・・・そういえば八坂神社の神主さんがいっておられた 八坂神社と名前を変えたのは明治の廃仏毀釈の折り それまでは「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」 と呼ばれておったと・・・当然 ヘブライ文字とカタカナの話やイスラエルの失われた10氏族の話で洗脳して差し上げました あはは 恐れ入ります ・・・でですね 実はここに祀られていたのはスサノオと牛頭天皇だったのだと・・・何故スサノオが京都の八坂神社に祀られているのか?と聞いたところ???返答に窮されておられましたが・・・牛?頭?天皇・・・スメラミコト・・・これはもはや連想ゲームですが 毎年行われる神事をよーーーく観察しますと ここらあたりの神話が表現されていることに気が付きます・・・先導役はサルタヒコ 古代古史・・・まづは竹内文書の復習あたりから・・・続けます・・・えっ? 神話構造の崩壊はどうなったんだ?って?・・・権力闘争の方便は方便 ロマンはロマン それが私の頭の中では仲良く共同生活をなされているようですな このまま新興宗教突入ですか?!! あはっ あ・・・八切止夫の庶民日本史辞典だって・・・偽史・偽書研究のバイブルだって!・・・今度読も・・・な奈落!

お盆の意味と語源 仏説盂蘭盆経現代語訳文 世界初人類皆兄弟姉妹証明


2012年06月10 竹内文書とヲシテ文献 天皇の歴史ミステリーツアー  33rappa←(他ミステリツアー系のまとめページにリンクしてあります 復習にどうぞ )

日本文明のルーツ 四国 古事記  祇園祭り・剣山の謎





【神話】日本建国物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。