2012年11月03日

イスラエルの失われた10支族 式年遷宮と籠神社 (* ̄▽ ̄*)ノ" かごめと空海 鴨氏 秦氏 物部氏 アマテラス スサノオ 牛頭天王 大物主 大国主 スメラミコト 造化三神 正統竹内文書 シュメール 天皇の歴史ミステリーツアー5   ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

イスラエルの失われた10支族 式年遷宮と籠神社 (* ̄▽ ̄*)ノ" かごめと空海 鴨氏 秦氏 物部氏 アマテラス スサノオ 牛頭天王 大物主 大国主 スメラミコト 造化三神 正統竹内文書 シュメール 天皇の歴史ミステリーツアー5   
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
list.jpgkono01.jpg20090428234530.jpg

伊勢神宮 内宮 Ise Jingū - Naikū (Shot on RED EPIC )  伊勢神宮 外宮 Ise Jingū - Gekū ( Shot on RED EPIC )


かーーごめ かーーごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?・・・
100億年前のパンゲア大陸の突端で かごめの歌を歌ってみました〜ぁ・・・あ・・・ だ・・誰もいないぃぃぃ!! 
しまった!! 戻りすぎたぁ〜 (* ̄▽ ̄*)ノ"   ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

・・・ということで早速・・・(何が早速なんだか聞いてみたいが・・・)日本の政治の中心におられますのは誰だったのか?ということなんです・・・そこでお約束の家紋なんですが・・・・

その前にかごめの歌の作者知ってます? かごめかごめWikiで拝見しますと 面白い解釈が並んでいます 少し抜粋しますと

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?  
かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの番人 鶴と亀が滑った 後ろの少年だあれ?

「鶴と亀が統べった」  「何時、何時、出遣る」  「真後ろにいるのは誰?」 「籠目の形、すなわち
六芒星」 「かごめ遊びの中で、オニとなった人を「籠の中の鳥」に喩えている。」  「籠の中の鳥居」と解釈し、籠に囲まれた小さな鳥居、もしくは竹垣に囲まれた神社を表している。」  「何時になったら出会うの?」「いつになったら出て来るの?」と疑問を投げかけている。  「夜明けの番人」であり、籠の中の鳥、つまり鶏のことである。

「夜明けの晩」つまり「夜明け」の「晩=終り(朝が始まりなら晩は終り)」であり、「夜が明ける終りの部分」つまり「日の出=日光を見る(日光東照宮の方向を見る)」を指している。

「鶴と亀」とは、日光東照宮御宝塔(御墓所)の真前に(側近くに)置かれている「鶴(飛ぶ=天)」と「亀(泳ぐ=海)」のことであり、徳川家康の側近つまり
天海が「統治する(陰で操る)」という意味である。

「鶴と亀が滑った」であり、長寿の象徴の2つが滑るということで、罪人の命運が尽きること(=処刑されること)を表している。

籠の中の鳥=オニであり、「囲め、囲め、オニの人は何時になったら次の人と交代して出て来ることができるのでしょうか。後ろの正面は誰?」

日光東照宮説(提唱者不明。埋蔵金と結びつけてテレビ番組等で紹介されている)
日光東照宮の三神庫と呼ばれる建築物群や奥院には鶴と亀が対になって飾られている所があり、歌詞中の「鶴と亀が統べった」はこの彫刻を指している

神示説(提唱者不明)

「かごの中の鳥」は「肉体に自己同化し、肉体に閉じ込められた人」、「いついつ出やる」は「いつになったら肉体が自分でないことに気づくのか」、「鶴と亀がすべった」は「陰と陽が統べった」即ち「目覚めた」ときに、「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?という意味の、人の精神的目覚め・開悟を歌っているとする説。

芦名埋蔵金説(提唱者不明)

「鶴と亀」はそれぞれ芦名家の城の別名であり、埋蔵金の隠し場所を示している。
「かごめかごめ」の真相にせまる | 日本とユダヤのハーモニー
まあ・・・よくたった一行の歌にこれだけの解釈がつくものですね・・・日本とユダヤのハーモニーさんによるとこの歌の作者は語学の達人であり 遣唐使として中国に渡りヘブライ語うを取得した 空海ではないか・・・ということです  Wikiでは不明扱いですが・・・

ヘブライ語 カタカナ語の異様な程の一致、 他の童謡も同様に・・・・・・あ・・・・・・ど・・・ド・ド・動揺してますけど こんなんどうよ・・・って・・・・・・失礼・・・こんな駄洒落ではない 同音異語の歌を操る作者はほとんどびょーきです わはは・・・従って・・・(何が従ってなんだぁ?) 日本とユダヤのハーモニーさんに同意するのです (やっぱりそうか? ビョーキということなんだな?) いえいえ 至って正常ですよ・・・たまーにスメラ様が降りてくるくらいなものですから わはは  ま・・・いいや 終わらないし・・・

ここでは 四国の剣山に神宝が隠されていた そして今は別の場所にある・・・ということのようです。 同意します。 で・・・私にはこの歌が超古代日本史に繋がり・・・しかも・・・今日まだ続いている歌だと感じられたわけです。 所謂 鴨氏とか秦氏とか物部氏とかスメラミコトとかアマテラス スサノオ 牛頭天王・・・とか大物主 大国主の国譲り神話に直結して感じられたのです・・・で正統竹内文書と日本の長い天皇の歴史 現代にいたる八咫烏 鴨氏 秦氏・・・などの存在を秘された世界の住人 日本の歴史の中枢にいた人々の暗喩 隠喩の歌だと思うわけです。

あなたも 歌えるでしょ? かごめかごめ 良くも悪くも 我々はちょっと言い方は悪いですが・・・刷り込まれたと考えるべきでしょう・・・でこの仮説を前提に 家紋で日本の歴史の中枢を示し それがどんどん遡ること・・・鴨氏とか秦氏とか物部氏とかスメラミコトとかアマテラス スサノオ 牛頭天王・・・とか大物主 大国主の国譲り神話に直結して造化三神 古事記 日本書紀 竹内文書・・・  それがどんどん現代へと向かいますと今日までの日本の歴史はすべて矛盾なく証明されると確信しております。 めんどくさいけど・・・2013年は伊勢神宮の式年遷宮があり・・・どうやら神剣が伊勢神宮に移されると飛鳥さんがおっしゃってまいたね・・・この人何者なんだろう? たぶんそっちの世界の人だと思いますけど でなきゃ・・・そんなことどうやって知ることができるの? へーーーーーっ! でも嘘じゃありません カワウソです・・・・あ明日は空海さんが呼んでますんで 寝坊しなければ・・・高野山へお参りに参りましょう 早めに寝ないと・・・家紋と式年遷宮と籠神社 現代に続く日本の結社と神話のお話は 続きます 疲れたので寝るぞよ・・・
何処へいくかは スメラ様の気分次第ですけど・・・(* ̄▽ ̄*)ノ"  ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300253785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック